2010年01月20日

芥川賞 該当作品なし 99年上半期以来(毎日新聞)

 第142回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が14日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞は該当作なしだった。

 芥川賞の該当作品なしは第121回(1999年上半期)以来。【棚部秀行、内藤麻里子】

【関連ニュース】
<候補作リストをみる>芥川賞候補に大森兄弟、共作で初 直木賞は白石さんら6氏
<当時の写真と紙面で振り返る>芥川賞に「太陽の季節」
<芥川賞候補5度>「海炭市叙景」自殺した作家の遺作、地元函館市民が映画化へ
<2年前は女性が独占>直木賞・芥川賞:桜庭一樹さんと川上未映子さん
<著者インタビュー>中国人作家として初の芥川賞で話題に 「時の滲む朝」の楊逸さん

<訃報>枦勝重さん61歳=ベスト電器常務(毎日新聞)
中学生は即戦力、防災担い手を育てる動き(読売新聞)
老母殺し冷凍庫に→海に飛び込み死にきれず(読売新聞)
ブルジュ・ハリファ 124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)
センター試験終了へ=札幌で大雪、開始繰り下げ(時事通信)
posted by vonuhghk7s at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。