2010年01月21日

痴漢で起訴の愛知県職員に無罪…繊維鑑定シロ(読売新聞)

 電車内で痴漢をしたとして、県迷惑防止条例違反に問われた愛知県一宮市、県主幹・岡野善紀被告(52)の判決が18日、名古屋地裁であった。

 伊藤納裁判長は、岡野被告に無罪を言い渡した。

 岡野被告は、2008年12月8日午前7時45分頃から約15分間、名鉄名古屋本線の特急電車内で、28歳だった女性の両足の間に背後から右足を差し入れた、として起訴された。

 検察側は「被害者と目撃者の証言は信用できる」として罰金50万円を求刑していた。弁護側は、「被害者のズボンには、岡野被告のコートやズボンの繊維は付着していなかった」とする逮捕直後に行われた繊維鑑定の結果などから、「許し難い冤罪(えんざい)」と主張していた。

事件を勝手に「終局」…千葉家裁職員を戒告処分 (産経新聞)
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
日本政府の医療チーム、ハイチの被災地到着(読売新聞)
<分限免職>31人が不服申し立て(毎日新聞)
大久保容疑者、公判延期の見通し 検察側申し入れへ(産経新聞)
posted by vonuhghk7s at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。